私と家族

遺産相続 12 無言電話 (火, 17 7月 2018)
2013年7月28日の姉の留守番電話のことは既に書いた。その留守番電話に私が気づいたのは7月28日から30日までの間であったのではないかと推測していたが、正確な日ははっきりと記憶していなかった。しかし、記憶をつなぎ合わせた結果、姉からの留守番電話に気づいたのが7月29日の夕方であったことが判明した。姉はまず私に留守番メッセージを残し、その日の深夜(正確には翌日の早朝)に私に無言電話をかけてきたのだ。ところが私が留守番電話に気づかなかったため、私は姉からの無言電話の後で留守番メッセージを聞くことになった。 姉からの無言電話は7月29日の午前1時30分から1時48分までの間に7回かかってきた。すでに私は眠っていたが、けたたましく鳴る呼び出し音で目が覚めた。(あとで確認すると、私は3回目にかかってきた電話で目を覚ましていた。)姉は私が職場から貸与されていたPHSに電話をかけてきたのだ。業務用のPHSであっため、夜間でもマナーモードに切り替えていなかった。 私は階段を駆け下りて1階のリビングに行きPHSを手にとった。しかし私が「もしもし」というと同時に電話が切れた。電話は姉の夫の電話機からであった。父親の容態が急変したのであろうかと私が心配していたところ、すぐにまた着信音が鳴った。私は直ちに応答した。しかしそのとき聞こえてきたのは、姉の息遣いだけであった。姉は何か喋ろうとしていたようであったが声にはならず、結局、何も喋らないまま電話を切った。私はPHSを手に持ったままその場に立っていた。すると程なくまた電話がかかってきた。私はすぐ応答したが、また電話は切れた。そのときになって、やっと私は単なる嫌がらせの電話であることに気づいた。私はPHSをマナーモードに切り替えて2階の寝室に戻り眠った。朝、PHSを見ると、その後も2回、姉から電話がかかってきていた。 実の弟に対して真夜中にこのようにしつこい無言電話をかけてくるとは・・・。狂気でなくて何であろう。 この電話は単なる「不在着信」であったと後に姉は主張した。嘘である。写真から明らかなように、私は受話器をとっている。姉はこれまで都合が悪くなるといつも平気で嘘をついた。この件でもこのように荒唐無稽な嘘をつき続けるつもりなのであろうか。
>> 続きを読む

遺産相続 11 母親の葬儀 (月, 16 7月 2018)
私は母親よりも父親との出来事を思い浮かべることが多い。父親のことは懐かしく思い出せるが、生前の母親のことを思い出すと今も胸が締め付けられる。 母親の葬儀は、姉と姉の長女と次女に汚された。 その前の年に亡くなった私の父親の葬儀に彼らは参列しなかった。ところが、母親の告別式の直前、突然、葬儀場に姿を現した。 告別式。 驚いたことに、彼らは誰も親族席には座らなかった。一般参列客席のしかも最後列に座った。姉は再度立ち上がり、私のところに歩み寄ってきた。そして、焼香しないと告げた。私は「そんな宗教があるか!」と姉を怒鳴りつけた。私の側に座っていた親族は姉に対して親族席に座るようにと説得した。しかし姉はそれに従うことなく一般参列席に戻っていった。後に姉の長女(私の姪)が語ったところによると、姉や姉の子どもたちが親族席に座らなかったのは、私が怖かったからということであった。あれほど可愛がってくれた私の母親に対して何ら感謝の気持ちを抱かなかったばかりか、単に母親の介護をするのが嫌だという理由だけで母親に一方的に絶縁を告げた彼らが私に顔向けできなかったのは当然である。しかし彼らが私を恐れる原因は彼らにあり、私にはない。さも私に責任があるかのように言うのは非常識である。しかも葬儀は厳粛な儀式である。 喪主である私が怖いからといって最も近い親族が一般参列客のしかも最後列に座ることは許されない。非常識極まりない一家である。 さて、喪主である私の挨拶と読経が終わった後、親族や参列者の焼香が始まった。ところが姉と姉の子供たちは一般参列客の焼香が終わろうとしたときになっても席を立たなかった。参列客たちの視線が姉たちに注がれた。参列者たちから焼香するようにと促され、やっと重い腰を上げた。姉はよろめき娘たちに支えられよろよろしながら祭壇へと歩いていった。姉の子どもたちは焼香した。しかし姉は焼香しなかった。参列者の一人が姉に近づいて焼香するようにと促すと、姉は自分の代わりに焼香してくれるようにと彼女に頼んだ。焼香席から戻る途中、姉は母親の柩の前で立ち止まり、何度か母親の顔に手で触れた。そして元の一般参列者席に戻っていった。 耳が遠い姉には、読経の前の私の喪主挨拶が聞こえなかったという。その姉に対して、姉の長女は、私が姉の悪口を話したと告げたらしい。告別式の晩、姉が従姉に電話をかけ、私と私の家内と私の息子が母親の財産をすべて自分たちの名義に書き換えたと告げたのは、姉の娘から告げられた私の挨拶に腹を立てたからと後に姉は語った。 非常識な姪である。他の参列者が証言してくれたとおり、私は何一つ姉の悪口など言っていない。私は単に、「母親は死ぬ間際まで実の娘である姉に会いたがっておりました。娘に会えないまま死んでいった母親はさぞかし寂しかっただろうと思います」と話しただけであった。私は、母親は最期まで姉に愛情を抱き姉の身を案じていたということを私は告げたに過ぎない。姉がどれほど母親を憎んでいようと母親は死ぬ間際まで姉を気遣っていた。これは「事実」であり「悪口」ではない。 告別式のあと従姉から聞かされたことであるが、この姪は「裁判をすれば私たちが勝つと私の知人は知っている」といったことを葬儀場で従姉たちに話していたという。私は、一体何の裁判なのだろうかと思うと同時に、葬儀の場でこのような話をした姪に呆れた。 子を4人持ち、孫もたくさんいる姉が、なぜ子に対する母親の気持ちを理解することができないのであろうか。両親の晩年、姉は両親の財産にしか関心がなかったことが、人としてあたりまえの感情すら失わせてしまったのであろうか。
>> 続きを読む