私と家族

マスオさん (日, 12 5月 2019)
私は、留学から戻った1995年秋から数年間,家内の実家に住まわせてもらった。留学中に帰国後の住宅を探すのは、インターネットが発達していない当時は困難であったからである。生活が落ち着き次第、家内の実家を出るつもりであった。しかし家内の両親は思いの他、私を歓待してくれ、実の娘である家内とも一緒に暮らせる生活を喜んだ。家内の兄夫婦も一緒に住んでいたので、家内の両親は実の息子と娘家族と一緒に住むことになったわけである。家内の実家は5階建てのビルディングである。3階に義兄夫婦が、4階に義理の両親が、そして5階に私たち夫婦が住んだ。   私は、ただで家内の実家に住まわせてもらうのは申し訳ないと思い、ボーナス月である7月と12月に百万円ずつ両親に手渡した。つまり、毎年、二百万円を義理の両親に支払っていた。     年間二百万円の家賃が安いのか高いのか、それとも妥当であったのかはわからない。ただ、義理の両親は実の娘と一緒に住めることを心から喜んでいたので、家賃として支払った金額がたとえ少なすぎたとしても、義理の両親には不満はなかったのではないかと思う。    ところが、私たちがただで家内の実家に住まわせてもらっていたと思い込んでいた人がいたという。そしてその人は私の義理の母親にそう言ったらしい。驚きである。その人は、「自分ならばお金を支払わない」と考えたのであろう。私たち夫婦は、少なくとも金銭に関しては潔癖な人生を送ってきた。ただで住めれば得であるといった発想は私たち夫婦にはない。  
>> 続きを読む

姉 10 お年玉 (Sun, 12 May 2019)
私と私の家族は、年末年始には毎年、高知に帰省した。正月には姉(池友子)の家族も実家を訪れてにぎやかな正月になった。私と私の家内は、小額ではあったが、姉(池友子)の4人の子供たちにお年玉をあげた。(当時、私たち夫婦にはまだ子がいなかった。)   ところが、私の家内が姉(池友子)にお年玉を手渡すと、姉(池友子)は次のように言ったことがあったという。「このお年玉は生活費に充てさせてもらう。」このことを聞いた私の家内は驚いたという。自分の子たちに対するお年玉まで取ってしまうのかと。   このことを私はまったく知らなかった。数年前に初めて家内からこのことを聞かされた。家内は他人の悪口をほとんどいわない。私の両親の件で私の家内は、姉(池友子)と姉(池友子)の長女からひどい目に遭わされてきた。私は私でぎりぎりまで私の家内に伏せていたことも数多くあったが、姉(池友子)との間で裁判が持ち上がったときには、それらを伏せておくことができなくなったので、家内に話した。家内も姉(池友子)について腹に据えかねていたことを私に話すようになった。   家内は、今、私が少しでも姉(池友子)と姉(池友子)の長女の話を持ち出すと、めまいと頭痛と吐き気がすると言う。
>> 続きを読む